生活保護

生活保護申請の流れとは?

保護の傘と子供のイメージ

生活保護制度は、生活が困窮している方に対して健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を促すことを目的として設けられている制度です。働くことができず、貯金などの生活に当てることのできる資産などもないときや他の社会制度の活用も困難なときに利用することができます。生活保護申請は住んでいる地域の福祉事務所の生活保護相談窓口で受け付けています。申請する際に必要な書類は特にありません。
しかし、窓口では担当者からの生活保護の仕組みなどの説明がありすぐに申請できるとは限りません。生活保護申請の基準や要件を満たしていないと判断されたときは申請を受け付けてもらえないこともあります。そんなときは行政書士などの専門家に相談したり同行してもらうことも可能です。
生活保護申請後は、保護の決定のために調査がなされます。受給できるかどうかの決定は申請日から原則14日以内です。その際に、世帯の収入や資産に関する資料などの提出を要求されることもあります。この調査の結果、申請が通らないということもあり得ます。生活保護制度は社会のセーフティネットとして存在しています。本当に困っているときには利用を検討する必要があります。

生活保護申請できる方の条件について

生活が困窮している方に国から生活保護費が支給されるという事は多くの方がご存知でしょうが、具体的にどういった場合に生活保護の対象となり生活保護申請できるのかご存知の方は少ないでしょう。自分自身はもちろんですが、親族に生活保護申請をしたほうがいい方がいらっしゃることもありますので、知っておくといいでしょう。生活保護というのは収入がなく自活が出来ないという事が前提になるわけですが、この場合の無収入とは病気やケガといった理由で働けなくて収入が無いという状態の事を言います。
精神的な病気も含めますが、特に理由なく働いていないという場合には生活保護の対象にはなりません。また、住居や車などといった資産になるものを持っていない事、そして親族からの資金的な援助も受けられない事、というのも条件となります。同時に公的融資などの、国や自治体からの資金的な補助を受けている場合も、生活保護は受けられません。
まとめれば、働く事ができず収入が無く頼る身寄りもなければお金を借りる事もできない、まさに行き詰ってしまった方が利用できる制度が生活保護という事です。実際に生活保護の対象になるのかどうか気になる方は、生活保護申請の代行などサポートを行っている所がありますので、そちらの方で相談される事をお勧めします。

生活保護申請の方法について

万が一働く事が出来なくなり頼る人もなく生活に困窮した時は、自治体に生活保護申請をするという方法があります。生活保護申請とは法律に基づいて、経済的困窮した人に対して国が保障してくれる制度です。生活保護には8種類の扶助があり、それぞれの世帯で不足している分を組み合わせて支給します。その合計額である最低生活費に対して収入が不足している分を支給してくれます。
生活保護申請をするには、まず住んでいる市町村の福祉事務所の担当窓口で申請書を提出します。申請できるのは本人と扶養義務者、その他の同居家族です。申請するかどうか相談だけする事もできます。申請すると、福祉事務所の担当ケースワーカーが保護が必要かどうか調査をします。自宅を訪問したり、働くことが出来ない状況か、預貯金があるか等調査します。そしてその結果を郵送で知らせてくれます。その後福祉事務所の担当者より受給について説明されます。
年に数回ケースワーカーの訪問があり、就労出来そうであれば助言や指導があります。本人だけで申請することが難しい場合は、法律の専門家に相談することもできます。地域の民生委員や民間の支援団体に相談する事もできます。誰でも生活の困窮する可能性がありますので、困っている時はまず生活保護申請を相談されてはいかがでしょうか。

働きたくても働けない場合は生活保護申請をしよう

家族のシルエット

誰しも生活保護を受けずに生活できれば生活保護申請はしたくないところです。しかし、現代社会の中で色々なことが起こるのが今の世の中で、働きたくても働けない事情はさまざまですが、家庭環境や身体的な条件で働けないこともあります。また、現在の厳しい状況を受けて働けなくなった方も少なくはないと考えられます。そして失業しなければならない状態になった人はどれだけいるでしょうか。再就職を探しに職業紹介所に行っても身体的条件で雇ってくれる所が見つからない、ほかにも色々な条件で就職できないなどがあります。そんな中でも生活保護を受けることは難しいかもしれませんが、…

生活保護申請は憲法で保障された権利です

学校の外観

生活保護申請は憲法25条で保障された国民の権利です。生活に困窮したり困ったらためらうことなく生活保護申請をすることをお勧めします。生活が苦しい時には、いつでも誰でも申請することができます。そもそも、生活していくうえで最低限の収入や貯蓄は必要です。しかし、病気や障害、急な生活状況の急変は誰にでも起きることであり、そのことが原因で一気に生活費に困窮することは、誰にでも起こることです。また、このような家計の急変はいつ訪れるかもわかりません。そうしたときに、生活費を援助する制度が生活保護です。誰にでもいつでも起こりうる以上、このような状況に…

生活保護申請から受給までの流れ

ピンクの傘を差す子供

「最後のセーフティーネット」、それが生活保護です。働くことが難しい、親族も頼れない。そんな危機に陥った時、申請し要件を満たせば援助を受けられる制度です。そんな生活保護申請の流れについて解説します。まずはお住まいの地域の福祉事務所へ行き、窓口で生活保護申請をしたいと相談しましょう。相談の段階では必須ではないものの、通帳・明細など収入が少ないことを証明できるものや、診断書や障碍者手帳など働けないことを示す書類を見せられればよりスムーズです。申請に進んだら、必要な書類を用意し申請書・申告書を記入します。状況によって必要な書類が異なるため、窓口で確…

生活保護申請に必要な書類はある?

生活のイメージ

生活保護の申請は社会福祉協議会に来訪し、申請書を提出します。生活保護申請書に記載する内容は住所・氏名・扶養の有無・家庭状況・生活保護を受けたい理由、収入の状況などです。申請書と一緒に持って行った方がいいものをいくつか挙げます。生活保護申請をする際には以下のものを持っていくと手続きがスムーズになるので、全てそろっているか確認してから自分の住んでいる地域の社会福祉協議会の窓口に行くようにしましょう。まずは印鑑です。これは実印でなくても大丈夫です。次に身分証明書です。運転免許証や健康保険証、写真付きマイナンバーカード、パスポートなどが有効です。そ…